3歩進んで2歩更に進む。

筋トレで克己心を高め投資に活かしたい。平成生まれのアスリート系エンジニアのブログ

MENU

AD


情報収集が捗るキュレーションサービス 厳選7選

最近暑くなってきてモチベーションも上がってきたktkooonです。

なんちゃってエンジニア?企画?として、仕事をしていて思うのは、日々の何気ない情報収集って結構大事だなということ。たくさんの情報に触れていると、ふとした瞬間にアイディアのヒントになったり、雑談のネタになったりといいことばかり!

いかに、多くの情報に触れるかだと思うんだけど、ネットで空き時間にサマリーをみれるキュレーションサービスを有効活用するとよさそう!と半年くらい前に気付きました*(^o^)/*

今、自分が使っているキュレーションサービスの他にもなにかいいのないかなーと思っていたので、調べつつまとめてみます。

ちなに今回のまとめは、筆者が男というのもあり女性をメインターゲットとしたキュレーションサービスも世の中には多くありますが、まとめには入ってませんのであしからず。

matome.naver.jp

もはや説明不要でしょう。検索が強くて、よくNAVERまとめに行き着く印象があります。ビジネスシーンというよりも、生活に役立ったり、最新ニュースのまとめがヘッドラインに多いかなと思います。

グノシー

gunosy.com

テレビCMも一時期やっていたので、知っている人も多いのではないでしょうか。サブタイトルどおり、雑談力が身につきます。

暇つぶしには持って来いですが、エンタメ、おもしろ、スポーツ系が充実していて気を抜くと時間をもってかれるの注意が必要です(笑)

News Picks

newspicks.com

経済系のお固いニュースのキュレーションはこれで決まり。各記事に対して、著名人がコメントを入れていたりするので色んな角度から各ニュースを楽しめます。

新聞を読むのが苦手だけれど、経済系の情報を追っておきたい人にはおすすめです。

というか自分も経済系はこれ以外は、ヤフーのヘッドラインくらいしか追っていません。

antenna

antenna.jp

なんといっても特徴的なのは、スマホアプリのヌルヌル感ではないでしょうか。
まさに、サブタイトルにあるように雑誌をめくるような感覚で様々なジャンルの最新情報を追うことができます。

ジャンルを分けてフォローできるので、経済系のお固い情報から、ライフを豊かにする系やら、グルメ系など幅広く最新情報を追うことができます。

ただ、個人的にはこのヌルヌル感があまり好きになれずたまにグルメ情報を追うくらいの使い込みしかしていませんが…

好きなひとはハマるかと思います。

techcrunch

jp.techcrunch.com

まさに、意識高い系の人はウォッチしておきたいキュレーションではないでしょうか。

IT界隈の住人には必須のサービスです。
啓蒙的な内容や、Tech系でディープな内容のネタが多く一度見だしたら止まりません。

LINE NEWS

news.line.me

LINEが運営するニュースであるだけに、LINEでフォローしておくと1日3回最新ニュースのサマリーが送られてくるので、オススメです。

各記事の文章量は少なめでサッと読めるので、サクッと読みたい人はぜひ。

lifehacker

www.lifehacker.jp

生活術、仕事術を中心に役立つ情報を掲載しているサービスです。
ニュースなどのキュレーションではないですが、読み物として面白いです。

 さいごに

今回は独断と偏見で、キュレーションサイトをまとめてみました。

オススメとしては自分のよく使うキュレーションサービスは、iPhoneであればひとつにまとめつやつを使って、すぐに情報収集できるようにしておくことです。

↓こんな風に

f:id:ktkooon:20160706083615p:plain

 

まだまだたくさんキュレーションサイトはるので、探究していきたいと思いますっ。

AD